Event is FINISHED

第1回WILLオンラインカンファレンス

Description
コロナショックから見えるもの
〜これまでのボランティアとこれからのボランティア〜

◼︎日 時:2020年6月21日(日)19:00~21:00
     ※18:30〜チェックインタイム、〜21:30チェックアウトタイム
◼︎参加費:無料
◼︎定 員:150名
◼︎申込締切:2020年6月19日(金)※定員になり次第、締め切らせていただきます。
◼︎ツール:Web会議アプリ「Zoom」を使用
     ※お申し込みいただいた方に当日のURLをお送りします。
◼︎主 催:ESDプラットフォームWILL
 後 援:ESD推進ネットひょうご神戸(RCE Hyogo-Kobe)/
     神戸大学人間発達環境学研究科ヒューマン・ コミュニティ創成研究センター/
     神戸大学都市安全研究センター

◼︎コーディネーター:清野 未恵子氏(神戸大学・RCE兵庫-神戸・ ESDプラットフォームWILL)
◼︎シンポジスト  :小林 洋司氏(日本福祉大学)
          東末 真紀氏(神戸大学学生ボランティア支援室)
          渡邊 一真氏(ESD ボランティアぼらばん)

【プロフィール】
清野 未恵子(きよの みえこ)
ESD推進ネットひょうご神戸(RCE Hyogo-Kobe)事務局長。ESDスタディツアープログラムコーディネーター 。ESDプラットフォームWILL運営委員。農山村地域における人と野生動物との共存に関する研究を軸としながら、持続的な自然共生社会の構築やそうした社会を担う人材育成に取り組んでいる。現職は、神戸大学大学院人間発達環境学研究科教員。

小林 洋司(こばやし ようじ)
ESDプラットフォームWILL評議員。学生時代からハンセンボランティアをはじめ、多くのボランティア活動に携わってきた。ボランティアプログラムの企画・運営、組織論に詳しい。専門は、福祉科教育論。現職は、日本福祉大学社会福祉学部教員。

東末 真紀(とうすえ まき)
元看護師。NPO法人自然スクールトエック事務局長、NPO法人神戸まちづくり研究所職員を経て、現在は、神戸大学学生ボランティア支援室コーディネーター。NPOのマネジメント支援、被災地のまちづくり支援を中心に自ら活動しながら、大学生のボランティア活動をプロデュース・コーディネートしている。

渡邊 一真(わたなべ かずまさ)
ESDボランティアぼらばん代表。ESDプラットフォームWILL運営委員。日本福祉教育・ボランティア学習学会理事。雑誌『ふくしと教育』副編集長。ユースとともにワークキャンプ方式を探究・実践している。関心領域は、ボランタリズム、コンフリクト、合理的配慮。現職は、京都府社会福祉協議会職員。


◼︎開催趣旨
世界各地で感染が広がっている新型コロナウイルスの影響により、多くのボランティア団体・市民団体・NPOの活動が足止めされています。「身体性」を前提としてきたボランティアは、「直接会うこと」を制限された今、どのような動き・価値・社会変動を生み出すことができるのでしょうか。

持続可能な社会に向けた「出会い・交流・つながり」の場づくりを実践的に行ってきたESDプラットフォームWILLでは、ポストコロナにおける「ボランティアのかたち」を模索するべく、オンラインカンファレンスを設けることになりました。
第1回目となる今回は、WILL運営委員の清野未恵子氏のコーディネートのもと、現場をよく知る小林洋司、東末真紀、渡邊一真の3氏に、コロナショックの意味や前後のボランティアの変化について協議していただきます。

ボランティアがしたくても動けない人、新型コロナ禍でも活動を続けている人、これからのボランティアのあり方を考えたい人、そして今からボランティアをはじめようと思っている人...どなたでも参加可能です。
ぜひご参集ください!

【プログラム】
 18:30 チェックインタイム
 19:00 あいさつ
 19:15 シンポジウム
 20:15 小グループでの話し合い
 20:35 総合討議
 21:00 終了 ※終了後、小グループに分かれて自由に交流していただく時間があります。
 21:30 チェックアウトタイム 

お問い合わせ:purattofomus@gmail.com(担当:後藤聡美・中村莉央・佐藤杏香)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#628592 2020-06-18 04:05:02
More updates
Sun Jun 21, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
入場券 FULL
Organizer
ESDプラットフォームWILL
100 Followers
Attendees
110